やすやす靱物語

 大坂の魚市場が今の北浜付近にあった時、豊太閤が訪れて、

商人の「やすい、やすい」と言う声を聞いて、矢巣居を連想し、

矢が巣である靫(ゆき)に入っているのは、平和の証だと喜んで、

その地域を靱(うつぼ)と名付けたと伝わっています。 

商人達が地の利を求めて、現在の西区靱本町に移住してきました。 


地理編

魚市場編

海産物問屋街から公園へ編

こぼればなし

靱埋もれた三十三橋

靱のことを教えてください。グルメも。
靭けったい掲示板

神奈備にようこそ
inserted by FC2 system